今だから言える、推しメンへの熱い想い。(前編)

今さらかも知れないが、

あのアイドルグループのあのメンバーを推しているタイ人として、非常に悔しいことが一つある。

それは、2015年6月にさかのぼる。


本人がまさかの【圏内最低ランク】である第80位 (アップカミングガールズの末っ子ポジション) を獲得した第7回AKB48選抜総選挙が終わってから…数日をもって、タイでは『Aoi Motomura Fanclub Thailand』(Facebook) の更新が完全に止まってしまったのだ。

80位からのショックなのかわからないが、あの時から国内外のあおい推しが微減しているのがわかる。

本人のぐぐたすを見ればわかるが、このまま行くと、フォロワー数が10万人を割り切る…と言っても過言ではない。


たくさんのAKBGファンやHKTファンが坂道グループ 若しくは新しい48の後輩グループに流れてゆく中で、僕の地元…タイ・バンコクでは新たにBNK48というものができた。

タイに48Gの文化が広まったのは良いこと。今年で第10回を迎え、規模も拡大された『AKB48世界選抜総選挙』ではBNKから10人が総選挙に立候補した。

それでも…タイ人である僕は、HKT48 特に あのメンバーのことでいっぱいだ。


僕、シマルット・ラーピセートパンは、2013年3月下旬に初めて HKT48 を知るようになった。きっかけは、今は無き冠番組『HKT48のおでかけ!』だ。第10エピソード「RKB毎日放送本社の皆をファンにして、生放送で1stシングルをアピールせよ!!」という回こそが、僕が初めてHKT48をテレビで観た回となった。その後、僕はタイから某動画サイトを通して、当バラエティ番組および各局の音楽番組を観て、HKT48を応援するようになった。

そして、2014年4月より、僕はとあるメンバーを気になり始め、海外の〇〇〇推しとして、各メディアを通して推しメンのことを追った。

(余談ではあるが、この推しメンは「HKT48のおでかけ!」第10回(RKB訪問)には出演していない。しかし!毎年夏恒例のあの企画によって、本人のとんでもない才能が知れ渡ることとなった。)

時には熱くなりすぎて、各SNSで推しへのアピールを朝・昼・夜 連続で投稿したこともあった。しかし、この年の秋、僕は決して永遠に許されない事を犯してしまった…。


今だから言えること。

僕がいつか…いかにしてこの世を去っても、必ずどん底の世界に落ちるであろう。

何故なら僕は…、詐欺に関わってしまったからだ。「君の推しメンの生写真、日本からタイに送ってあげるよ」という言葉に騙されて、2014年の夏ごろ、僕はタイから約十万バーツもの大金を相手に送った(つもりだった)。ウェスタンユニオンを通して。


今思えば非常に後悔している。

過去に貰ったお年玉や手帳の金を引き出してまで、超高額のお金を相手にオンラインで送った。欲が出すぎた瞬間である。しかし、最終的には、向こうからは何も届いてなかった。

最終的に、その相手は他の方々からも生写真トレードの詐欺に関する訴訟を起こされて、同時に…タイにいる僕は事実上、親や親戚から貰った金を台無しにした。

いわゆる、強盗と同じだ!


要するに、僕は生涯許されない罪を犯してしまったのだ。

今後、いくら頑張って、自分の家族や親戚、友達や地域の方々、そして応援しているグループ/メンバーの為に尽くしても、最終的に… 僕はジゴクに突き落とされるのであろう。

連続ミリオンセールスが始まった2011年のピークをもって、AKB48Gを嫌いになった弟、そして親。更には、2017年2月にBNK48が発足されたと同時に、僕以外の家族メンバーはアンチ度が増していった。


弟に至っては、タイの同じ大学で友達だったあのメンバーが後にBNK・1期生オーディション最終審査に合格し、ジャパンエキスポ・タイランド2017で1期生29人の中のひとりとしてお披露目された(=後のBNKキャプテン)のを聞いて、非常にショックを抱えている。親も当然だ。

長男の僕以外、家族全員❗AKBGアンチ。凄いだろ…。

(なお正確に言うと、僕の弟は2015年4月より日本の某大学に留学している。そのためにタイの大学ではわずか半年の通学にとどまることとなった。一方あのメンバーは今でも学業とアイドルと両立している。しかも理系女子大生♪

なぜわかるって…? それもそのはず。

僕と弟、およびあのBNKキャプテンは、同じ マヒドン大学・国際カレッジに通っていた(/る) からだ!!)


……


話し反れてしまったが、2014年のあの許されぬ事件、そして17年のBNK誕生などを乗り越えて、僕は今でも! HKT48 を応援している。 タイ人だけど、HKT48の大ファンである。

そして、あのメンバー1推し。

改めて疑問に想った。

何故、僕は今でも…このメンバーを好きなのだろうか?

元・泣き虫&甘えん坊で、歌もダンスも素敵で、デビュー当初から今に至って…殆どと言ってもいいほど変わらない…少女のような美しい顔と声。

(どう見ても 二十歳に見えない ○○○○○ 笑)

ここまで僕が以下のメンバーを推し続ける理由はどこにあるのか!?


…気持ち?


…上手くは言えない。


【次回に続きます!!お楽しみに。<m(__)m>】

新たな仕事に就く日まで… ~ サヤマルット

品川区の小学校、タイのチットラダー学校、都立国際高校を経て、2018年1月に マヒドン大学国際カレッジ ~ International Hospitality Management コース全課程を修了。 9月某日に卒業証書を頂く予定。 【追記】9月3日、やっと新しい仕事に就けました! 知る人ぞ知る、(自称)HKT48大好きタイ人。 日々の生活のことや、推しメンのこと等を不定期的に書いていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000